自己紹介その1:矢田夕子

「学歴」=どのような専門分野を学校、またはセミナー等で学んできたか?

神奈川衛生学園専門学校 東洋医療総合学科卒

SPCのランニングプログラムを担当する矢田夕子です。
実業団選手として陸上競技を5年続けたのち引退後に進んだ道が神奈川衛生学園専門学校の東洋医療専門学校でした。
東洋医療なんて言うと聞こえが難しいのですが、要するに鍼やお灸、マッサージや指圧、あん摩を学ぶところです。
マッサージや指圧に違いがあるの!?と思われた方も多いと思われますが(笑)

怪我の絶えなかった選手時代、スタッフはもちろんですが近くで支えていただいたのがトレーナーの方達でした。
トレーナーになり、自分のように怪我で苦しむ選手を支えたいと思ったのでその道に進むこととなりました。
それまで陸上競技に没頭していたため「勉強の仕方」を忘れていたのが1番の戸惑いでした。
元から勉強が好きなので(アピールです(笑))だんだんと慣れていったのを覚えています。

今年で鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師になり10年たちましたが、臨床に出るとそれまで学生時代に学んだこと以外の場面に直面することも多く、続けて学ぶことの必要性を感じます。
今治療はもちろんですがパフォーマンストレーニングなども行っています。
ベット上での治療で治ることもありますが、戻ってくる患者さんも多いです。
鍼灸師こそ根本的な治療としてトレーニングを学ぶ必要性があると感じます。